大阪発のスイーツ「たこパティエ」感想

大阪発のスイーツ「たこパティエ」を食べましたので感想をかきます。

これが外箱です。
ホリエモン氏による推薦文が掲載されています。
なぜ大阪出身ではないホリエモン氏の推薦文が掲載されるのか謎です。

中にはこの画像のように「たこパティエ」が個別包装されてはいっています。
手に持ってみると驚くほど軽いです。
包装を開けるとこんな感じ。

ちょっとわかりにくいので公式サイトにあった説明付きの画像です。

確かに匂いというか、風味はタコ焼きを感じさせます。

食べてみると、サクサクとした食感で、とても食べやすかったです。
味はソースやマヨネーズ、青のりといったタコ焼きを構成する調味料の味がします。

公式サイトでは
「女性の食べやすさを意識して、大きさは一口サイズ、青海苔も細かい粉にしました。最初はたこやき味、そして最後は甘いスイーツになる不思議な味の変化をお楽しみください。」
とのことですが、私の感想では「最後は甘いスイーツ」にはならず、甘さは控えめなほうかと思いました。

私は辛党で、甘いものは苦手なほうですが、「たこパティエ」は甘すぎず、おいしく食べることができました。

このようなスイーツは、通常「コーヒー」や「紅茶」に、とてもよくあうものですが、ソースやマヨネーズ、青のりが「コーヒー」や「紅茶」にはあわないように、このスイーツにあわせる飲み物はなにがいいかと問われると、「お茶」や「水」になるでしょうか。

12個入り540円(税込)。1枚45円。この値段なら「あり」なのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。